黒まる王子が解説

黒酢ブームはいつから?
~健康と美容を安心して任せられる健康食品~

誰しもある年齢以上になると自身の健康、美容を意識しだします。それらに対して実際何かしている人は、本当に身体になんらかの不具合を感じている人もいれば、現在健康ではあるが病気予防を考えて、美容においては加齢による肌の衰えを感じだした人からまだまだそんな心配もいらない20代の女性などと様々です。

テレビや雑誌でも健康、美容などに関する情報を取り扱っているものは人気があります。その間隙を縫うCM、広告にしても健康、美容に関する商品があふれています。

いつの時代でも健康、美容に関する情報や商品はとぎれることなく次々とでてきます。
人がそれだけ自身の健康、美容に関心があるからです。

『○○が△△にいい!!』とテレビでとりあげられれば、次の日にはその商品がスーパーから消えるといのもざらではありません。

『酢』が「調味料」から「健康食品」へ

このサイトで紹介されている食酢のひとつ『黒酢』も健康・美容に良いとして注目されている食品のひとつです。

お酢は従来、嗜好の差はあるにしても大方の人がお酢に対して持っているイメージは「健康」「身体に良い」というものではないでしょうか。

そのため健康ブームが訪れると「疲労回復」「病気予防」「美容」といった目的で『酢を飲む』ということが注目されるようになってきました。

『黒酢』の登場

そういった目的で摂られる『酢』は、調味料としての品質の『酢』では足らず、健康食品として、『酢』自体によりプレミアム感がもとめられるようになります。酢の健康ブームの要求にあったものが『黒酢』だったのではないでしょうか。

『黒酢』には食酢全般がもつ酢酸のみならず、その独特の製造方法ゆえ他の食酢よりも私たちの身体に必要なアミノ酸、クエン酸といったものが豊富に含まれています。 飲用酢の注目に後押しされ、2003年頃から黒酢ブームが到来し、食酢市場の中における『黒酢』の割合が大きくなってきます。

しかし黒酢のブームにあやかろうと、酢に褐色の色をつけて黒酢とする粗悪品なども出回り、そこで2004年7月に農林水産省が黒酢の品質表示基準を定め、「米黒酢」「大麦黒酢」の項目が作られました。

『黒酢』の広がりがそのような背景にあるため、一般に『黒酢』は、調味料としてよりも健康食品としてのイメージの方が大きいかもしれません。

数ある健康食品の中にはその実態が不確かな物もありますが、お酢は昔から調味料として親しまれているので、未知数の健康食品よりも受け入れやすく、いまや『黒酢』はその安心感ゆえ幅広い年齢層の方に支持されています。

ブームからの定着へ

これまでの食経験からの漠然とした「酢は体にいい」というイメージから、今では黒酢の様々な健康機能が科学的に証明されてきています。

その研究結果に後押しされ、また消費者のニーズに応えるため、企業もより手軽に黒酢の健康機能を取り入れやすいように新たな黒酢商品を開発しています。
いまでは黒酢の保健機能食品も多く出回っています。
※黒酢の保健機能食品と保健機能食品制度に関することは『黒酢と保健機能食品制度』をご覧下さい。

このように私たちの生活の中に黒酢関連の商品が浸透しだして、さらに黒酢の健康機能の人気から家庭での黒酢の摂取しやすいやり方などTVで紹介されることが多くなり、またそれに伴って黒酢を使ったレシピなども多くネットで紹介されています。

最初は食酢の中でも生活に欠かせない「調味料」としてではなく、「健康食品」という特別な位置づけであった「黒酢」が今や穀物酢や米酢のように調味料としての「黒酢」という身近なものになりつつあります。「黒酢」は一過性のブームから私たちの生活に定着してきているのです。

魅力的な成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント